So-net無料ブログ作成
検索選択

ペーター・ヒュープナーの恐竜建築 [ドイツ/シュツットガルト]

1月にシュツットガルトに行った時、いや、帰った時に、郊外のシュタムハイムにある「青少年クラブ」を建築家のNさん、フォトグラファーのHさんと見に行った。
これはテンション上がるね。

P1010579.jpg

「TOTOヨーロッパ建築案内」のシュツットガルトのページに、他の有名建築を差し置いて紹介されていた建築物だ。建築家はペーター・ヒュープナー Peter Hubner(ヒューブナーという表記もあり。ドイツ語の発音だとプのほうが近いはず)。でも施工図面を作成したわけではなく、スケッチを描き、それをもとに地元の人々が集まって施工したらしい。ちゃんと調べてみたいところだが、今は手元に資料がないのでした。2002年にはフランクフルトの「自由ヴァルドルフシューレ」も手掛けているようだ。とりあえずAmazonで著書を購入しようと思う。藤野シュタイナー高等学園の校舎を、先生と生徒が自分たちで建てていたことを思い出した(関連記事12)。

P1010580.jpg

P1010578.jpg

シュタムハイムは、70年代の自律的左翼組織ドイツ赤軍(RAF)メンバーが収監された刑務所があることでも有名だ。70年代後半に起きた、誘拐、殺人、ハイジャックなど、一連のRAFのテロ事件は「ドイツの秋」(Deutscher Herbst)と呼ばれ、首謀者であるRAF幹部はシュタムハイム刑務所内で自殺する。この数々の事件に関して1978年には「秋のドイツ」というオムニバス映画が製作され(テロ事件の通称はこの映画のタイトルに由来する)、また、1986年にはベルリン国際映画祭でドキュメンタリー映画「シュタムハイム」がグランプリを受賞している。昨年秋にドイツで公開された新作映画で、アカデミー外国語映画賞にノミネートされた「バーダー・マインホフ・コンプレックス(Der Baader Meinhof Komplex)」も、この時代のテロ事件を描いた映画だ。つまりシュタムハイムは、ドイツでは70年代の左翼テロのイメージに結びつく街でもあるのです。

以下、Amazonのリンクだけです。

こどもたちが学校をつくる―ドイツ発・未来の学校

こどもたちが学校をつくる―ドイツ発・未来の学校

  • 作者: ペーター ヒューブナー
  • 出版社/メーカー: 鹿島出版会
  • 発売日: 2008/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



Peter Hubner - Building As a Social Process

Peter Hubner - Building As a Social Process

  • 作者: Peter Blundell Jones
  • 出版社/メーカー: Axel Menges
  • 発売日: 2007/09/15
  • メディア: ハードカバー




ヨーロッパ建築案内〈2〉

ヨーロッパ建築案内〈2〉

  • 作者: 淵上 正幸
  • 出版社/メーカー: TOTO出版
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

kyoko

ごぶさたしてます!
お忙しそうですね。時々アクセスして、新しい記事がUpしてると
得した気分になります(笑)
この建物、白い雪がますますいい味だしてますね。
私も昨年、ベルリンにいって初めてドイツ語ちゃんと勉強したい
気持ちになりました。シュツットガルトもいってみたいです。
では、また来ます。
by kyoko (2009-02-14 23:53) 

橋場一男

kyokoさん、こんにちは。お元気ですか。
ぼくもドイツ語をちゃんと勉強しようと思いながら、まだ踏み出せていないダメな状態が続いていて、今年こそは、と心に決めていますが。日本はどこに行くにも遠くて、かといって近隣の国とは微妙な関係で、どうしても出不精になってしまいがち。たまに海外に行くと、取り残されたような不安に駆られることがあります。いつかは海外にも部屋を借りたいのですが、夢のまた夢ですね。でも、がんばります。
by 橋場一男 (2009-02-16 00:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0