So-net無料ブログ作成

アンのゆりかご [本/雑誌/文筆家]

去年書いた書評です。


初めて憧れた外国はカナダだった。教科書の世界地図を眺めては、いつかカナダに行こうと夢みていた。なぜか。それは「赤毛のアン」を読んだからだ。何度も読み返した。少女向けの翻訳小説を手に取った理由は今となっては不明。また、アンがどんな女性かは記憶になく、脳裏に残るは季節の花が咲くプリンスエドワード島の光景だけだ。訪ねたこともないくせに、当時、頭の中には瑞々しい光景が完璧に再生されていた。その景色を味わうため、何度も「赤毛のアン」を読んだ。旅の車窓から美しい草原が見えると、プリンスエドワード島に似ているなと勝手に思ったくらいだ。子どもだった私は、その本を誰が翻訳したか興味はなく、それが1908年に著された本であることも知らず、つい先日の話のように読み込んでいた。2008年は「赤毛のアン」誕生100周年に当たる。

去年の6月半ば、「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」を書店で見た瞬間、私の記憶は一足飛びに、初めて「赤毛のアン」を読んだ夏の日に遡った。そういえば翻訳家はこんな名前だった気がする。電車の中で本を開き、巻頭の口絵を眺めていたら、村岡花子さんとご家族の写真があった。その下に「この年の10月25日に花子、永眠。カナダを訪ねる夢は、ついに果たせなかった」とある。「ええ!」。翻訳家は、あの光景に一度も身を置くことなく亡くなられていたのだ。そのことだけで、例えようのない衝撃を受けた。ではなぜ、村岡花子は、あんなに活き活きとした、希望に満ちた言葉で、私たちに伝えることができたのだろう。そんな素朴な疑問も、読後はカップの中の角砂糖のようにゆっくりと溶けていく。

村岡花子が「赤毛のアン」の原書「アン・オブ・グリン・ゲイブルス」を手にしたのは39年、46歳の時だ。戦争前夜の不穏な空気の中、帰国するカナダ人時夫人宣教師から「友情の記念」に贈られた本だった。平和な時代に日本の少女に紹介してほしいと託された本を、村岡は戦中、文字通り命がけで翻訳する。運命の本「赤毛のアン」の翻訳には、上梓以上の大きな意味があり、そのミッションが筆を動かせていたのだ。貧しい平民の娘であった花子が、給費生として、華族や良家の子女が学ぶミッションスクールで高等教育を受け、禁じられた恋を貫く情熱的な生き様も、すべて「赤毛のアン」翻訳に焦点を結んでいくように思えた。昭和の生活思想史として読むこともできるだろう。筆者は村岡花子のご令孫である。素晴らしい本をありがとう。私はと言えば、憧れのプリンスエドワード島は未だに、村岡花子さんが翻訳した言葉の中にあり、訪れたこともない。



アンのゆりかご 村岡花子の生涯

アンのゆりかご 村岡花子の生涯

  • 作者: 村岡 恵理
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2008/06/05
  • メディア: 単行本




赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

  • 作者: ルーシー・モード モンゴメリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0