So-net無料ブログ作成
検索選択

500色の色鉛筆 [買い物/お店]

IMG_0174.jpg

500色の色えんぴつ」の第一弾が届いた。500色も色の名前はないので、中にはすごく抽象的な名前だったり、詩のような名前があったりする。最初のセットでは「収穫まぎわの麦畑」とか「大輪の菊祭」とか「夕張メロン」とか。限定発売みたいな話だったので、ぼくはとりあえず2セット注文した。一度のリリースが25本だから月イチであと19回届く。実は500色の色鉛筆がつくられるのは今回が2回目で、1992年に発売された最初の500本セットは三菱鉛筆の本社ロビーに展示されている。当時はuniの三菱鉛筆が製造していたのだ。かなりのハイクオリティだったはずだ。今回の復刻版は残念ながら三菱鉛筆製ではないらしい。中国製と書かれている。時代は変わったね。uniじゃないのはホントに残念です。 

三菱鉛筆のuniが生まれて今年で51年。昨年、50周年記念の冊子(CasaBRUTUSのブックインブック)の原稿を書いた。uniについては、改めて原稿を書いてみたいと思っている。

戦後、奇跡的な復興を遂げ、工業化が進む1950年代の日本。しかし当時、Made in Japanは欧米では安物と模造品の代名詞、鉛筆もその例外ではなかった。1953年、視察で欧米を巡った三菱鉛筆技術部長(現・相談役)数原洋二氏は、日本の鉛筆の評価が低いことに愕然とする。当時、日本の鉛筆が目標としていたのはドイツ製鉛筆のクオリティ。しかしそれはドイツの模倣と揶揄され、帰国後、数原氏は輸入品の影響下から脱却した、日本オリジナルの高級鉛筆の開発を決意する。元来、精緻な仕事を喜びとする日本企業が、総力を上げて世界一の鉛筆を目指す。それがuniの出発点でありゴールだった。



1958年、東京タワー竣工と同じ10月に、理想の鉛筆を追求した高級製図用鉛筆は、uniと名付けられ1本50円で発売される。当時、普通の鉛筆は10円。ちなみにコーヒー一杯が約50円だった。その描き味は、プロに絶賛されたのはもちろん、意外にもuniのクオリティに魅せられたのは小中高生の子どもたちだった。鉛筆の芯の材料は黒鉛と粘土だけ。その粒子の細かさと均質さが、鉛筆の滑らかな書き味をつくり出す。もともと三菱鉛筆は粘土の微粉化の高い技術があり、それがuniに生かされた。硬度の均質さは、ISOの塗膜性能の引っかき硬度試験は、“三菱鉛筆ユニ”の硬度が基準になっていることからも明らかだ。

下塗りから仕上げまで6回もの塗装工程を経て、漆器のような艶のある、なめらからなuniのボディが完成する。塗装の厚さは美しさだけではなく、素材の木の歪みを防ぎ、また、執筆時の手への衝撃を和らげることも分かった。美しさの追求は、期せずして使い手に優しい品質の実現に結びついていた。海外のクリエーターにもファンが多く、来日時にはお土産として大量のHi-uniを買って帰る人もいるみたいだ。昨年、新たに10H、7B、8B、9B、10Bの5硬度を加え、合計22硬度がある。ちなみにぼくもuniの2Bを愛用しています。



ハイユニ 2B 1ダース

ハイユニ 2B 1ダース

  • 出版社/メーカー: 三菱鉛筆
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0