So-net無料ブログ作成
検索選択

ダッチデザインのワンオフものが…… [買い物/お店]

中野の古道具屋には時々びっくりするような品物が売られている。フィリップ・スタルクのフォールディングテーブルMickvilleは、南台にあったリサイクルショップで2000円で買った。西新宿寄りの中古オフィス家具屋では、サーリネンの一本脚のサイドテーブルが1万円だった。ちなみに天板は白大理石。スカルパのソファが出たこともあったね。他にも掘り出し物はいろいろあって、そういう意味では、渋谷区や目黒区と違い、中野、杉並はウブなデザイン物がたくさん残っていそうな予感。あ、ちなみにセブンチェアやイームズ夫妻のシェルチェアとか、PHランプは、15年くらい前は、引っ越しシーズンになると十二社通りのマンションの駐車場に捨てられていた。

P1010125.jpg

で、これは数日前の話。お店の主人からは、東京在住の人間には内緒にしておくようにと釘をさされたが、店の名前と所在地は載せないのでカンベンしてほしい。ぼくの事務所からは少し離れるけど、長い長い散歩ルートの途中にある古物商の話だ。ある満月の夜、3駅先のバーで何か飲もうと思って、散歩中の犬が行き交う遊歩道をふらりと歩いていた時のこと。その古物商のウインドー越しに、気になるメタルの椅子が置かれているのが見えた。ん? スタジオ・ジョブっぽいな……と思った。その奥にはシェーズロングの黒い脚が見える。あれはマーティン・バースっぽいな(でもまさかね)。それ以外は景品のグラスとか、謎の茶道具とか、壁掛け時計とか、動きそうもないジュークボックスとか、町の古道具屋さんに置かれているような品々が、ホコリとともに店内を埋め尽くしている。美術品も多い。うむ……それにしても気になるのであった。

ある日、所用で近くをバスで通りかかると、珍しく店が開いているのが見えた。引き返してお店にお邪魔してみた。入り口近くにヴィコ・マジェストレッティの照明器具があったので、値段を尋ねてみる。しばらくして主人が顔を出し「25000円」と言う。見た目は普通のオヤジさんだ。ちなみにこのランプ、新品でも27500円だったと思う。「かなり高い値付けですね」と言うと、「古いものだからねえ……コレ、マジェストレッティのランプだけどな」。お、知ってる。それからおもむろに「奥に置いてある金物の椅子はいくらですか?」と聞いてみる。目がキランと光った。「ああ、あれはスタジオジョブの椅子だから値段は付けられないな。お客さんならいくらで買うよ?」。やっぱりジョブの椅子だったのか。そういうと奥からカタログを取り出して「この椅子だ。ほかにも、コレもコレもウチにある」と言う。「欲しいって言われたら、いくらかなあ。サザビーズのこの前のオークションで、ジョブのパーティションは10万ドルくらいだったからねえ」。「1000万はムリじゃないっすかね」とぼく。「うーん、そうだな。うふふふ」。

ということは、マーティン・バースも本物なのか。「ああ、マーティンの家具はほかにもいろいろあるよ」。げげげげげ。「これは欲しいっていう人いるでしょう」と聞くと、「いやいや。日本人は買わないな。知らないもん。この前もオークションの会社の人が来て、出品しろって言われたけど、オレは売る気はないからさ。がははははは」。脇に置いてある黒いエコバッグにはBAASの文字が。「あ、あれもマーティンからもらったんだよ」。

「ほら、家は狭いからさ、こういうの好きだけど置けないんだよ。早くマーク(・ニューソン)くらいメジャーになって1億くらいで売れねえかなぁ。なんてな。あははははは。そうか、マーティンやジョブのこと知ってるのか。じゃああのランプ、もう少し安くしてやるよ」。「1万円なら買いたいところです」。「それはムリだな。あははは。またおいで」。「……」。

おじさん、何者だよ? 

P1010159.jpg


札幌の伊藤千織さんに教えてもらった、真駒内の古物商ではブラウンの70年代のシェーバーがシールドで、店頭用POP付きで売られていた。保証書と愛用者ハガキも付いてる。
「あの〜、これいくらで売っていただけるんでしょうか」。
「え、ああ、値段ついてるだろ。箱の裏に」。
「値段って、コレ、30年前の定価じゃないですか。3500円って値札付いてますけど」。
「うん、じゃあ3500円(キッパリ)」。
「ええええええええええええええ。マジっすか!!」。

まあ、いろいろあります。


リビングデザイン (Vol.14(2000Nov.+Dec.))

リビングデザイン (Vol.14(2000Nov.+Dec.))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: リビング・デザインセンター
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 大型本



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0