So-net無料ブログ作成

アート、サイエンス&ビジネス プログラム/Akademie Schloss Solitude [ドイツ/シュツットガルト]

今年の1月に取材して書いた記事です。掲載誌「エスクァイア日本版」はご存知のとおり休刊となり、出版社のエスクァイアマガジンジャパンも6月末日で解散しました。勝手ながら、記事の問い合わせ先を引き継ごうと思い、ここに公開させていただきます。質問などは右カラム下にある「メッセージを送る」のリンクからどうぞ。
取材協力/Akademie Schloss Solitude
interpretation by Eiko Micknass

ここには森と城しかない。しかし時間はある。その豊かさに浸る。
南ドイツ、シュトゥットガルトの、美術家のための国際フェローシップに
2002年から新しいプログラムが加わった。
ビジネスパーソンに開かれた、アート、サイエンス&ビジネス・プログラムだ。

IMG_0031.jpg


城で何が起こっているのか

フランクフルト国際空港に2時間遅れで到着したルフトハンザは、雪の駐機場に佇んでいた。慌ただしい乗り換え客たちの喧噪を抜けて、建築家永山祐子は、空港駅からドイツ国鉄に乗り換えシュトゥットガルトを目指す。自動車産業で栄えた南ドイツの工業都市。その郊外の、雪原と森の小高い丘の上に私たちの目的地はある。その名は「アカデミア・シュロス・ソリテュード(以下・ソリテュード)」。

シュロス・ソリテュードとは16世紀に建てられた、後期バロック様式の美しい宮殿の名前だ。現在は、国際的なフェローシップ・プログラムの名称として、世界の美術作家、音楽家たちに知られている。一般にアーティスト・イン・レジデンスと呼ばれるプログラムで、フェロー招聘されると、宮殿内にアトリエと住居が用意され、奨学金と制作費が提供される。日々の生活に煩わされることなく、制作に専念できるのだ。施設内には各種工房や暗室なども完備され、滞在中、展覧会や演奏会の企画製作も手掛けてくれる。出版部門から書籍の発刊も可能だ。世界でも有数の恵まれたプログラムと言っていい。募集の対象となるカテゴリーは、デザイン、文学、建築、美術、映像、音楽、パフォーミングアーツの7部門。さらに「ソリテュード」は、2002年に新しいカテゴリーを設け、画期的なプログラムをスタートさせた。それがアート、サイエンス&ビジネス・プログラムだ。美術家だけでなく、科学者、研究者、そしてビジネスパーソンにも門戸を開いたのである。

IMG_0013.jpg

アート&サイエンスの本質とは

なぜ画期的なプログラムと言えるのか。最大の理由は、美術作家とビジネスパーソンの「日常的」な出会いや対話と、それが引き起こす化学反応にある。永山祐子の父上、自然科学研究機構兼生理学研究所の永山國昭教授は生物物理学の第一人者で、科学と芸術の架け橋となる人材支援を目的としたロレアル賞の審査委員を務めてきた。そうした環境で育った彼女にとって、アート&サイエンスは身近な視点なのだが、それを実践する場が限られていることに疑問を感じることがあったと言う。曰く、「賞という枠組みの中で両者が向かい合っても、科学&芸術ではなく、科学vs芸術という構図になりがちな印象を得た」。二つの知が出合い、衝突し、共感し合うことで、未来につながる新しい価値観が生まれるのではないか。しかし実際には、一つの大学内での学際的研究も進まないのが現状だ。その突破口が「ソリテュード」のアート、サイエンス&ビジネス・プログラムに見いだせるかも知れない。

シュトゥットガルト中央駅からタクシーで約30分。クロツグミが恋の歌を口ずさむモノトーンの森を抜けると、忽然と視界が開け、小振りだが端正な古城が目に飛び込む。「ソリテュード」だ。エントランスの重い扉を開けて、地下のカフェテリアで待っていると、アート&サイエンスのプログラムコーディネーター、ユリア・ヴァーマースが鍵を手に現れた。永山はここでフェローと同じように、キッチンと家具が完備された宮殿内のスタジオで3日間を過ごす。明日はディレクターへのインタビューが待っている。

国際化社会の学びとは何か

「アカデミー設立のプロジェクトチームが結成されたのは、ちょうど20年前の1月でした。20周年の『ソリテュード』にようこそ」。ディレクターのジャン-バプティスト・ジョリー教授は、執務室に私たちを笑顔で迎え入れた。ジョリーはパリ出身のフランス人で、ドイツ文学と言語学をパリとベルリンで修め、'83年にシュトゥットガルトに移り住んだ。'89年1月から「ソリテュード」設立委員会の議長を務め、開設後ディレクターに着任する。「'89年11月、ベルリンの壁が崩壊し、東欧の民主化が一気に進みました。『ソリテュード』は設立当初、旧共産圏の若手作家への支援もテーマの一つだったのです。応募者もドイツ国内がほとんどでした。その後、審査員に西欧圏以外の若手有識者が参画するようになり、選定にヨーロッパの目とは違う視点が加わるようになった。現在は一度の公募で1500超の応募が世界中からあり、ドイツ国外からの応募者が60~65%を占めています」。

設立当初より変らないことは、可能性を持つ作家を支援する姿勢だ。ジョリー教授はこう続ける。「人はいろいろなところで学ばなければならない。他者の文化を自分に採り入れ、異文化に興味を持つことはヨーロッパの学びの伝統でもある。今日は情報収集の手段も多様化し、自分の興味が何かを探しやすい環境にあると思う。あとはその場所に行けばいい。ユーロ統一以後のヨーロッパはそうした動きが活発になっている。もちろん大学は今日でも重要な場だ。豊かな知の環境に身を置くことは、大きな意味がある。今日のヨーロッパで不足しているものと言えば、将来の社会に必要と思われる知のコンビネーションだと思う。例えば哲学、デザイン、科学技術の三者の恊働は、残念ながら基礎研究ではまだ進んでいません」。


IMG_0015.jpg

異文化理解を越えて

「ソリテュード」は、アート、サイエンス&ビジネス・プログラムでその先駆を目指すのだろうか。「いいえ。大学の組織に組み込まれていなのでそれは難しい。ここのシステムは生涯教育の考え方の中に存在しているのです。生涯教育とは、教室で教授に学ぶことではなく、自ら行動し、固有のプロジェクトを持ち、自分自身で、あるいは同じ志を持つ人々とともに、それを継続して探究し続けるということです。私たちが提供するのはそういう場です」とジョリー教授は言う。アート、サイエンス&ビジネス・プログラムが生まれた背景を、コーディネーターのユリアはこう説明する。「過去、滞在していた美術家や音楽家のフェローたちは、共通して経済、科学、ビジネスへの関心が高かった。今日の社会に関する関心であると同時に、将来の社会がどうなるのかという関心でもあった。ならば、実際に科学者や経済学者を招き、日常的な交流の中で対話させる意味もある。ジョリーが言うように大学では難しいけど、ここなら可能です。場所と時間はある。あとは同じようにフェローシップを提供すれば良い。それで'02年に試験的にプログラムをスタートさせました」

しかし当初はうまく機能しなかった。思考方法の違う三者は、互いを客観的に捉えられず混乱していたとジョリー教授は言う。「新しいプロジェクトでは、どんな問題が浮き彫りになるかも大切なのです。これまで出会った経験のない人物と、個々の考え、持たらし得るもの、固有の知識、他者への共感を、互いに確実に定義するのは難しい。それをうまく組織化できるのは哲学者と科学史家だと分かった。以後、ベルリンの『マックス・プランク研究所』を始めとする人間科学の研究機関と交流を通して、プログラムを洗練させてきた」。
7年間でアート、サイエンス&ビジネス・プログラムが迎え入れたフェローは48名を数える。「2年前からアカデミーの既存のプログラムに統合され、2年に一度の募集になりました。個人のプロジェクトでも企業のプロジェクトでも応募できます。ヨーロッパ各国、北アメリカからの応募が大多数です」とユリア。この分野で日本からの応募は、まだ一件しかない。残念。

IMG_0016.jpg

フェローたちとの談話から

「ここは象牙の塔だ」とマティアス・メジーリは言う。彼はデザイン部門のフェローだ。「もちろん良い意味でだよね」とヤン・アルトマン。ヤンはアート、サイエンス&ビジネスのフェローで社会学者、「マックス・プランク研究所」研究員でもある。象牙の塔とは、フランスの文芸批評家サント・ブーブが、厭世的作風の詩人・作家ビニーの芸術至上主義を批評した言葉。俗世を離れた孤高の境地を指し、転じて現実と交わらない学究生活を揶揄する意味になった。だが、そういう経験も必要なのだと彼らは言うのだ。「私たちは煩雑な日常を離れ、他者と出会い、自分を見つめ直し、考える時間が必要なのだと思う。それが『ソリテュード』の意義だ」とマティアス。デザイナーのビヨン・フランケが作品のプレゼンテーションを始めると、その場にいた全員が感想を述べ、永山のプレゼンテーションにも自由に意見を交わす。これが「ソリテュード」の日常だ。専門知識をレクチャーをする者もいれば、映画やオペラの感想を語り合う者たちもいる。故国の食事を振る舞う者もいる。暮らすことが学ぶこととなり、他者と出会うことが知を育む。

P1010581.jpg

ここから先は余談だ。実は、20世紀半ばまで、理工系と人文系の二つの文化はお互いを軽蔑し合い、互いに劣等感を持っていた。この二つの文化の分離、教養の偏りに危機感を持った物理学者、作家C.P.スノー が、講演録「二つの文化と科学革命」を出版する。同書に影響を受けた編集者ジョン・ブロックマンは、科学者たちに専門家向けや仲間内の論文ではなく、人文系にも楽しめる一般を対象とした執筆を勧め、「サイエンス・マスターズ」という名シリーズが生まれた。大人も子どもも、科学読み物を文学として楽しむ。二つの文化から生まれた第三の文化。ブロックマンが最初に手掛けた企画名に倣い「サード・カルチュア」と呼ばれている。それは学問の場で誕生したのではなく、物理学者と編集者、二人の仕事だった。20世紀のメルヘンである。


所在地●Solitude 3, 70197 Stuttgart, Germany
フェローシップ●1000ユーロ/月+往復渡航費、自国に残した賃貸住宅の家賃の補助あり。
期間●6カ月/12カ月 次回の募集●2010年夏
アート、サイエンス&ビジネス・プログラム募集要項



Esquire (エスクァイア) 日本版 2009年 04月号 [雑誌]

Esquire (エスクァイア) 日本版 2009年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エスクァイア マガジン ジャパン
  • 発売日: 2009/02/24
  • メディア: 雑誌




Esquire (エスクァイア) 日本版 2009年 07月号 [雑誌]

Esquire (エスクァイア) 日本版 2009年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エスクァイア マガジン ジャパン
  • 発売日: 2009/05/23
  • メディア: 雑誌

いつか、また書店で会えるだろうか。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0