So-net無料ブログ作成

スタジオキャット [その他]

昨年の夏に少しだけ立ち寄って、今年もまたやってきた謎の渡り猫。

長毛でしっぽが長くてふさふさ、顔がキリリとした逆三角形なので、たぶんノルウェジャンフォレストキャットのミックスだと思う。典型的な顔模様だし。今回は長逗留で11月になってもここを離れない。というか、もうここを定住の地と決めたようにも見える。朝、ドアを開けるとどこからともなく扉をすり抜け、ぼくの仕事椅子の上で二度寝が始まる。お腹が空くと何か食わせろと上目遣いでカツアゲに来る。ネコ缶は一食で並一缶完食する。カリカリはロイヤルカナンしか食べない。そしてまた寝る。たまに起きてまた寝る。また起きるとこちらに忍び寄り、足下をトントンとノックして、ブラッシングしてくれとねだる。足がライオンみたいにデカイ。体はかなり重い。目つき悪い。トイレの躾はちゃんとしている。外に出そうとすると嫌がる。屋内で飼われていた猫なのかな。今さらノラネコ社会には溶け込めない様子だ。鼻にケンカの傷がある。

IMG_0045.jpg

近所の人は、毛がもじゃもじゃなので「ケモさん」と呼んでいる。さん付けだ。ぼくは心の中で「カツシン」と呼んでいる。最初に来た頃はスゴく汚れていて毛玉だらけだったけど、シャンプーシートで全身を拭いて、ブラシをかけると見違えるようにふわふわになった。迷い猫サイトは一通りチェックしたが、該当する猫は見当たらず、何かの理由で捨てられたのかも知れない。そのうち獣医に連れていって予防注射を射ってもらおう。年齢や病歴も分かるはず。それで落ち着いたら里親探そうと思っている。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 1

ぐー

女王さまっぽいですよ。
背景のせいでしょうか。
里親がみつかるとよいですね。
by ぐー (2009-11-10 03:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0