So-net無料ブログ作成

閃光少女/「ラブ&ポップ」 [美術/音楽/映画]

東京事変の「閃光少女」は2007年11月にリリースされた曲なので、PVが製作されたのは2年以上前なんですね。このPVは、一昔前の少女マンガやガールズムービーのような、10代女子の理由なき情動みたいなものが描かれていて(それは多くの場合、男子の妄想だったりするわけだが)PVというよりはコレ単体で上出来の映像作品という感じだ。何の関係もないこちらまでドキドキするような不思議な映像と、既視感がない新鮮なキャストもすごく魅力的だった。ディレクターはキャビアの児玉裕一さん。



で、なぜか「ラブ&ポップ」のラストシーンを思い出した。
1998年の映画「ラブ&ポップ」では、女子高校生をリアルに描こうとすればするほど、逆にどんどんフィクション色が濃くなっていく感じがした。真実に近づこうと語れば語るほど真実から遠ざかる。考えてみると、原作は村上龍だし、監督は庵野秀明で、あの映画も男子の妄想だったんだなと思う。それも織り込み済みなんだろうな。中沢けいさんが19歳の時に発表した処女作「海を感じる時」が衝撃的だったのは、マッチョな文学界がどれだけ言葉を重ねても描けなかった10代のリアルな女性が、さらりと描き切られていたからだと勝手に思っていた。男は女性を絶対に理解できないと思っている。でも本当は理解できないのは自分自身なのに、それは分かったつもりで、ただ分からないモノに惹かれているだけか、性欲の言い訳みたいなものだと思う。「海を感じる時」が出版されたのと同じ頃、少女マンガ雑誌に連載されていたマンガを愛読する男子が現れ始める。たぶん男の幻想ではない、女性が描く女性像を求めていたのではないかと思う。このへんの話はフェミニズムにまでつながるのかも知れない。妄想や幻想は、それはそれで面白いけど。


それはともかくとして、「ラブ&ポップ」で、三輪明日美がカラオケで歌っているみたいな、何とも味わい深い「あの素晴らしい愛をもう一度」が流れる中、制服姿で渋谷川をずんずん歩く4人(仲間由紀恵と三輪明日美と、あとは忘れた)をひたすら撮り続けるエンドロールはカッコ良いと思った。ライトな会田誠だな。庵野秀明監督の妄想はみんなの妄想になったね。三輪明日美の歌のPVみたいな映像だな。「ラブ&ポップ」には別のラストシーンがあって、それを再現したものも発表されている。水着姿の仲間由紀恵というのは、この映像以外ではあまり見かけない。仲間由紀恵はウチの近所に住んでいるらしい。引っ越しの時にお世話になった軽運送業の人がそう言っていた。

「ラブ&ポップ」は矢沢心のデビュー作だったような気がしていたんだけど、それは「バウンスKo GALS」のほうだった。あの映画で演技なんだか素なんだか分からなかった佐藤仁美の存在感ってスゴいよな。もちろんそれは演技だったわけで、この人はホントにスゴい。「スマートモンスター」の時も超魅力的だった。最近テレビ観ないから分からないけど、ちゃんと活躍しているのかな。

本編のラストシーンとエンドロール


もう一つのラストシーン



「閃光少女」のPV監督の児玉裕一氏はUNIQLOCKのディレクターも務めていて、「閃光少女」に出演している石津悠と松永かなみはUNIQLOCKでも踊っている。たぶんUNIQLOCKのオーディションのほうが先で、その後にPV出ではないかと思う。育ち盛りの二人なので、いちばん新しいUNIQLOCKのバージョンでは、2年以上前の「閃光少女」の頃に比べると、かなり女性らしくなった印象(もう一人の10代の子も)、というか、どんどんグラマラスになり、ますますキレイにになっていく感じで、時間やダンスよりも最近はそっちのほうが気になったりする。すみません。UNIQLOCKはカメラ目線が一切ないので、観ている人の目線は傍観者の目線。シンプルだけど、その分、綿密な計算尽の映像なんだと思う。ちなみにぼくはUNIQLOは、どちらかと言うと嫌い。

いちばん上の埋込みプレイヤーの「閃光少女」はDVDからの無断掲載みたいで、DVDのエンドロールまで入っている。エンドロールの曲は「閃光少女」の英語バージョンだ。この曲はバンドで演奏するうちにどんどんテンポが落ちて、最初は英語版くらいのテンポで録音したらしい。でも椎名林檎さんから、テンポを上げて再録したいという希望があり、それでオリジナルの曲調になったようだ。もともと曲を手掛けた東京事変の亀田師匠も、オリジナルに近いテンポでデモをつくっていたということなので、結果的には元に戻ったわけだ。でもスローなバージョンのほうもなかなか良いと思う。二人が笑ってるシーンがあるのは救われた気持ちになるけど、それでも何だか切ないビデオだな。そう感じるのも妄想だけど。

IMG_0043.jpg

2年前の11月は出張続きで忙しかったことを思い出した。いろいろな記憶がシャッフルされて場所の時間の感覚が、なんとなく危うい感じがしていた。忙しいわりには本もたくさん読んだな。今年も気がつくともう立冬も過ぎている。先日、病院に行ったら、待合室の椅子が足りなくなるくらい、マスクを着けたどんよりとした雰囲気の人たちで溢れかえっていた。みんな無言でうつむいて座っているだけ。ぼくもその一人だったわけだけど。医師の話だと、みんな新型インフルエンザではと心配して、普段なら、風邪は寝ていれば治ると思ってる人も、不安のあまり病院を訪れているみたいだ。まあ、ぼくもその一人だったわけだけれど。結局、検査するまでもなく、クスリの処方箋だけいただいて帰宅した。ちなみに例年この季節は風邪のピークらしい。処方薬を飲んだらすっかり元気になり、ぎっくり腰がまだ少し残っているけど、普通に活動できるようになった。
日本各地、というか南半球と赤道近辺以外は寒くなってきたようなので、どうぞご自愛ください。



閃光少女 [DVD]

閃光少女 [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD




ラブ&ポップ SR版 [DVD]

ラブ&ポップ SR版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0