So-net無料ブログ作成
ドイツ/シュツットガルト ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ドイツのケーキ [ドイツ/シュツットガルト]


Restaurant Plenum im Landtag von Baden-Württemberg,
Konrad-Adenauer-Strasse 3

バーデン・ヴュルテンベルクの州都シュツットガルトには美しい州議会場 Landtag von Baden-Württembergがある。ル・コルビュジエとミース・ファン・デア・ローエを連想させる端正なモダン建築だ。竣工は1961年。設計者はカート・フィアテル Kurt Viertel, ホルスト・リンデ Horst Linde, エルヴィン・ハインル Erwin Heinle. エルヴィン・ハインルはシュツットガルトのテレビ塔 Fernsehturmの設計者で、タワーについての本も著わしている。なお、シュツットガルトの建築写真はこのサイトがお勧め。州議会場も載っている。 http://www.you-are-here.com/europe/landtag.html

Towers: A Historical Survey

Towers: A Historical Survey

  • 作者: Erwin Heinle, Fritz Leonhardt
  • 出版社/メーカー: Rizzoli Intl Pubns
  • 発売日: 1989/11
  • メディア: ハードカバー

上の写真の通り、この州議会場の1階は、公園に面したテラス席を持つカフェレストラン「Restaurant Plenum im Landtag」になっている。夏場は芝生の上に寝椅子の席も用意される。ぼくはこのテラスでよくコーヒーを飲む。

続きを読む


nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

夜/小林カツ代さん/800 TWO LAP RUNNERS [ドイツ/シュツットガルト]

明日は南ドイツ(カソリックの地域?)のお盆のような日で休日です。

午後8時、隣町レオンベルク Leonbergのマルクトプラッツ Marktplatz。異国の神無月尽日に夜の色がいちだんと濃厚になる。クラゲが泳ぎそうな暗闇。ぼくも明かりの息継ぎが必要だった。少しでも光がある場所を選んで歩く。
シュツットガルトは第二次世界大戦の絨毯爆撃で、街の古い建物がほとんど爆撃されてしまったが、レオンベルクには昔ながらのハーフティンバー建築がたくさん残っている。この広場は文化財保護地区のような場所。10月末日でサマータイムが終わったので、もし今日(11月1日)なら午後9時の風景。いずれにしても街灯が少なくてとても暗い。夏は11時過ぎまでレストランやカフェのテラス席が賑わっているのに、今は人の気配もない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ドイツのビール/ソーセージの焼き方 [ドイツ/シュツットガルト]

シュツットガルトの街外れ(とは言ってもほとんど中心部ですが)に、DINKEL ACKERという商標の中規模のビール工場がある。風向きによって、この工場のビール醸造の香りが市街地まで漂うこともあった。この匂いを何と表現したら良いのか、野菜を茹でた湯気のような、藁のような、なぜか琴線に触れる懐かしい香り。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

シュツットガルト中央駅/ドイツのサウナの掟 [ドイツ/シュツットガルト]

シュツットガルト中央駅 Stuttgart Hauptbanhof のメインエントランス。設計はパウレ・ボナーツとフリードリヒ・ショーラー Paul Bonatz, Friedrich Scholer。1928年竣工。エントランスホールにはメルクリン社 Maerklin の鉄道模型の大きなジオラマがあって、50セント払えば自分で模型を動かすことができる。時々、お年寄りが遊んでいる。


http://www.maerklin.de/home.html

10月22日の夜7時から翌日午前2時まで、シュツットガルト市内の美術館、博物館、ギャラリー……などが深夜過ぎまでオープンして、これまた2時過ぎまで臨時運行する市バスでアートクルージングを楽しむイベントが行われる。この一夜限りのイベントのために、ぼくはジャガイモでジオラマをつくることにした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

60年代ドイツ・モータースポーツの忘れ形見。 [ドイツ/シュツットガルト]


「グレムセック」という記憶の玉手箱。伝説の糸口。

ミラノから帰ってきた。ミラノではまた阿部雅世さんにお世話になりました。LIMA駅近くの韓国料理と中国料理は本当にウマかった。ミラノで暮らす人が羨ましい。でも阿部さんは間もなくベルリンに転居してしまう。「デザインの現場」2005年8月号で、阿部さんのワークショップで紹介されている。8ページを割いた小特集だが、それでもコンパクトにぴしっとまとまっている印象だ。取材は川上典李子さん。ざっと読むだけでもかなり面白い。ワークショップに参加している学生はその何倍も面白いに違いない。
今回はネットで最安値のホテルを探し、二軒のホテルを泊まり渡ったけど、どちらも朝食のオレンジジュースが超マズかった。砂糖水で薄めたオレンジシロップのような味。例えるならソ連の味だ。安ホテルだったからだろうか。どちらもオレンジジュース以外は十分満足できるホテルだったけれど。
ミラノではトラム車庫を改装した写真美術館「FORMA」(http://www.formafoto.it)で、ヴェネチア生まれの写真家ジャンニ・ベレンゴ・ガルディン Gianni Berengo Gardinの素晴らしい写真展を見た。これも阿部さんの紹介だ。

ミラノからの帰路は中央駅発のインターシティを利用。途中下車をするつもりだったけど、チューリヒを過ぎるとあっという間にシュツットガルトに到着してしまい、残念ながら結局そのまま帰宅することに。部屋に戻ると午後10時。ホテルの冷蔵庫にリンゴを入れっぱなしだったことに気づく。

そして今日午後、いつもの路線バスに乗り、グレムセック Glemseckに出かけた。
前回の記事で紹介させてもらった福田さんのブログにあったソリチュードリンクの『グレムセックコーナー」の記述と、そのコース脇にあるホテルの記事を読んで、そこが今どうなっているのか見てみたいと思ったからだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(5) 
共通テーマ:アート

離宮ソリチュード宮殿の中 [ドイツ/シュツットガルト]

今日も仕事が立て込んで記事更新ができないので、とりあえずソリチュード宮殿の中の写真をアップします。月曜日にグラディスの映画の撮影の合間に撮ったもの。ぼくのスタジオはこの宮殿の後ろに建てられたオフィーサーズ・メス棟の中です。ソリチュード宮殿はカール・オイゲン公爵が狩猟の途中で見つけた、景観が素晴らしい山腹の立地に1764年に着工した夏の離宮。ゲーテが立ち寄ったことがあるそうです。もう一人のドイツの国民的詩人で戯曲家、作家のシラーもソリチュードに縁の深い偉人の一人。この敷地内で暮らしていたという話を聞いたことがある。いずれにしても由緒正しい旧跡というわけです。外観の写真はいちばん最初の記事を見てください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

おそるべしドイツの巨大おばちゃん。/カシミヤの手入れ [ドイツ/シュツットガルト]

ネッカー川の向こう岸にルナパークが準備中。観覧車までできていた。

明日からミラノなので、今日は準備のために朝から街へ。準備といっても小切手を換金してPOSTBANKに預けて、あとは旅行鞄を買うだけですが。リモワのトランクを買うつもりで百貨店に出かけたものの、結局、買うのは止めました。ほかのお店を少し回って、マイクロメーター(ノギス)付きのボールペン(ドイツ製)を見つけたので、お土産用に購入。なかなかグッドデザインです。ちょっと高いけど。その後はホテルのカフェで手紙を書いていた。まあ、そんなどうでもいい日があってもいいと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?(「きっこの日記」風)

驚いた話を一つ、いや二つ。その一。ぼくがカフェのカウンターでコーヒーを飲んでいたら、隣のスツールにゾウのような女性が座り、「ショコラーテ・ビッテ(ココア一杯)!」。運ばれてきたココアを見て、当然のように、おもむろにカウンターの内側に置いてある袋入りのシュガーに手を伸ばす。「あ、砂糖はいらいないですよ(十分甘いですよ)」とサービス係の女性(痩身)。「あ、そう」(ドイツ語でもアゾウ)。それからスプーンで少しだけぺろりとなめて、「やっぱり砂糖いるじゃない」

続きを読む


真夜中の美術館ツアー Lange Nacht der Museen [ドイツ/シュツットガルト]

3月19日午後7時から「Lange Nacht der Museen」(http://www.lange-nacht.de/)がスタートしました。シュツットガルトの市営バスが、深夜2時まで市内の美術館、ギャラリー、イベントスペースを巡る特別巡回バスを走らせて、一夜だけのアートツアーをプロデュースするイベントです。参加者は各イベント入場料込みのバスチケットを買い、バスで移動しながら、市内70個所のさまざまなスポットを訪れることができます。市内の公立美術館も私設美術館も、今夜はどこも夜2時まで開館していました。アカデミアシュロスソリチュードが市内に確保している別室も会場の一つです。ぼくもこのスペースの一部を使って制作しました。


ぼくが担当した「FINDING FUTURE」は、物珍しさで人の興味を引いたという印象。他のフェローは直球勝負が多かったので、ぼくのは反則気味の観が否めません。とりあえず作業量だけは多かったので、それで保っているという感じでした。

続きを読む


なぜぼくがドイツにいるのかと言うと…… [ドイツ/シュツットガルト]

今日は晴れました。雪の反射光がまぶしいくらいの晴天。こういう日はとにかく外出だ、と思い、外に出てみたら、太陽はさんさんと輝いているのに極寒でした。すごく寒いです。でも、ソリチュード宮殿の前は、そり遊びの子どもたちが……。晴れているので、遠くルードヴィヒスブルグの街まで見渡せます。それにしても、このあたりの風景は、本当に札幌に似ていると思う。

さて、なぜぼくがドイツにいるのかと言うと、それはこういう訳なんです。

続きを読む


満月/ソリ遊び [ドイツ/シュツットガルト]

寝坊しました。11時、オフィスからの電話で目が覚めました。「ドイツ語のレッスンを受けたいって言ってたわよね、先生を紹介するわ。これからあなたのスタジオに行くけどいいわね」と……でもですね、まだ顔も洗っていないし、しかも寝癖が……。しかし容赦なくベルが鳴り、仕方がないので、かなりやばい風貌で先生の部屋まで。来週の火曜日の朝からレッスンスタートです。

朝昼ゴハンは、昨日の釜飯の素を使ったかやくうどん。七味がほしい。

そして午後から買い物へ。そろそろトイレットペーパーが切れそうなので。その前に、ゴミ捨てです。ドイツと言えばゴミ分別。でも日本とそう変わりません。それにしても、すごい雪で、こんな感じです。

買い物は、今日も山道を下って、最寄りのUバーン駅から三つ目のレーベンマルクトのショッピングセンターに。洗剤やシャンプーも購入。お腹が空いたので、プリッツエルを食べました。1個0.39ユーロ。安い。しかも、3個で0.99ユーロって書いてありますが、一つで十分。焼きたてです。

その後で毛糸の帽子も買いました。その理由は……。
実は今夜7時からちょっとしたイベントがありました。夜、お城からゲーリンゲンまでソリで滑り降りるというスライディングパーティー。

続きを読む


前の10件 | 次の10件 ドイツ/シュツットガルト ブログトップ