So-net無料ブログ作成
検索選択
本/雑誌/文筆家 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

出版社の希望商法 [本/雑誌/文筆家]

グルーミングとスキンケアの本を書きたいんだけど、どこかで出版してくれないかな。あ、でも新風舎とか文芸社とかラトルズとか碧天舎(既に倒産済み)とかで出すのはナシね。

共同出版か協力出版かシェアード出版か共創出版かコラボレート出版か、もう何が何だかよく分からないけど、巷で話題(もう旧聞に属するが)の“新風舎”は、そもそも本を売ることがビジネスじゃなくて、出版(生産)することがビジネスだったわけだからさ。本をできた時点で利益が出てるので、売れ行きなんかどうでもいいんだよな。営業と言えば書店に機械的にファックス送るか、Amazonのサイトに担当者が著者が匿名で書評を書いて星を五つ付けるくらいだろう。社員数350人(グループ会社含む)で年間3000冊近い出版物があるわけで、まともに書店営業しているとは思えないよ。たぶん出版点数2位は講談社だと思うけど、こちらは社員数は1000人以上。雑誌の編集部もあるから単純には比較できないが、350人で3000点の出版って“ただ紙に何かを刷ってるだけ”って状況じゃないかと思う。ここが主催する出版大賞のコンテストに応募すると、ボツになっても「受賞は逃したが本にする価値はあるので……」とか、セミナー参加のお誘いがあるらしい。セミナーにはいろんなジャーナリストや作家が講師として参加していたみたいだ。そいつらは今頃冷や汗かいてるんだろうな。結局コンテスト募集もセミナーも本を出したくて仕方ない人を集める手段に過ぎない。群がったところで一本釣り。有田芳生さんは「希望商法」と呼んでいる。出版前に現金を要求する(あるいはクレジット会社と契約させる)外道出版社に比べれば、原稿料を担保に本を刷る出版社なんかはまだ良心的なほうなんだろうな。人を殺すヤクザと人を殺さないヤクザくらいの違いはある。もしくは故障で停まらないクルマと故障で動かないクルマくらいの差。

続きを読む


言葉の力 [本/雑誌/文筆家]

どうしよう。先々週末から毎日締め切りだ。打ち合わせで昼間に原稿が書けないと確実に徹夜になる。原稿をたくさん書けるのは嬉しいんだけど、最近はさすがに少々食傷気味だな。ひょっとするとこういう生活がデフォルトなんだろうか。しかもこれだけ毎日原稿を納品していても、社員編集者時代の月収に届かないってどうよ。雑誌の原稿料って、駆け出しのライターも60歳の文筆家もほとんど変わらない。基本的にグラム何円と同じ世界だ。それで振り込まれるのは4カ月先とか。ついでに書くと手離れが悪い場合が多い。こんな過酷な条件下で、ライター稼業の方々はどうやって生活しているんだろう。ホントに不思議です。

それでも文章の力ってスゴいなと思うことがたまにある。

続きを読む


スポーツ感動バカ新聞 [本/雑誌/文筆家]

8/21のアノニマスデザインの記事、訂正と追記あります。
http://blog.so-net.ne.jp/hashiba-in-stuttgart/2006-08-21

この数カ月、スゴく気になるのがスポーツ新聞の記事。
スポーツ感動教信者が陶酔してトロトロになって書いている、安い情感溢れる体現止めと短いセンテンスが多い生温い文章が気持ち悪い。「感動をありがとう!」的な紙面も気持ち悪い。すぐに「何とかチルドレン」と一絡げにしてしまうのも、大人の選手たちには気の毒だ。ついでに書くと、地底人のダジャレのような寒い見出しと、30年前のスーパーのチラシか、20年前のダイヤモンド映像のパッケージみたいな救いようのない紙面デザインも気に障る。じゃあ読まなければいいんだけど、ネットでスポーツのニュースを開いたりすると、その発信元がスポーツ紙で、心ならずもスポーツ感動地雷を踏んでしまい、別の意味で爆死してしまう。それでも、喫茶店でスポーツ各紙が置いてあれば、横浜ベイスターズのファンのぼくはたいてい「日刊スポーツ」を読んでしまう。「日刊スポーツ」は、大洋ホエールズ時代から同球団の記事をよく採り上げていたし、プロレス欄をいち早く設けたのも「日刊」だったからだ。でも、「日刊」を読み続けてきた経験から言えば、ぼくが大嫌いなスポーツ感動物語も、ダジャレ見出しも、子どもっぽい紙面レイアウトも、そのすべてのルーツは「日刊スポーツ」なのではないかと思う。とにかく、何紙もあるんだから、せめて一紙くらいは液体窒素級の駄「ダジャレ」を止めてもいいんじゃないの。

ダジャレ見出しはさておき、ぼくたちは、スポーツに限らず、すべてを(与えられる)「物語」として消化しないと気が済まなくなっているのではないか。事実を物語に変換しないと受け入れられない。そのうち何でも再現ドラマにならないと消化できなくなるかも知れない。

続きを読む


アルベルト・モラヴィア [本/雑誌/文筆家]

夜、公園のネコに食事を振る舞った帰り、神田川沿いの遊歩道を歩いていたら、空には星が見えているのに時折雷の閃光が瞬く。でも雷鳴はない。蒸し暑く鈍重な空気が立ちこめる中、急に冷たい風が吹き抜けたりして、今夜の中野区はちょっと不穏な天候だ。窓の外を見ると、ベランダのジャスミンが四方八方に蔓を伸ばして、収拾がつかなくなってきた。ベランダに吊るしてあるランプにティーキャンドルを灯す。暑気払いに中国茶をいれる。今、ウスターソースが自分の食卓ではブームで、でもウスターソースに合う料理って高カロリーなものが多いので、いろいろ模索中。で、久しぶりに魚肉のケーシングハンバーグを買ってみた。明日の朝、タマゴと一緒に焼いて食べてみよう。

なかなか焦点が定まらない記憶の断片が、突然くっきり浮き上がってくる瞬間がある。そうすると、その記憶の周辺にある事柄まで芋づる式に思い出されてくるのが面白い。たまたまseedsbookさんのWeblogの少し前の記事を読んでいたら、アルベルト・モラヴィアについてさらりと触れていた文章があった。あ、これ。これだよ。モラヴィアの短編集「ぼくの世界」。このタイトルが長らく思い出せなかった。ぼくはこの短編を高校2年の夏に読み、けっこうな衝撃を受けたのに、いつの間にかこの文庫本をなくしてしまい、この本のことも忘れそうになっていた。でも事あるごとにこの短編集の中の一編が思い出され、でも、一体何という本の何だったのかを思い出せない。そのもやもやが晴れて、見事に焦点が定まった。インターネットってスゴイね。人の記憶メモリーの代わりになるんじゃないかと思う。
http://blog.goo.ne.jp/seedsbook/e/c3ea6824535e76ab801cb907afa27c3d

続きを読む


トリックスター [本/雑誌/文筆家]

仕事の合間を縫って、ドイツでお世話になった方に手紙を書く。書いている途中、緊張しているわけではないのに何度も息が詰まりそうになった。ヨーロッパは遠いなあと思う。

ぼくの部屋はテレビがないので巷で話題の試合は見てなかったけど、亀田興毅がWBCライトフライ級チャンピオンになってしまい、新聞もテレビもネットも大騒ぎになっているのは知っている。その代わりというわけではないが、ナカタの引退はすっかり影が薄くなって、引退からわずか1カ月後「スピーディー」に出たはずの雑誌「GOETHE」のナカタ特集まで話題の鮮度が保たなかった。ここまで腐敗が早いとは幻冬舎も予想していなかったのではないか。「GOETHE」の表紙には不自然に笑う中田氏の写真が使われていたけど、もう過去の人という印象が否めない。ワールドカップの舞台を使った壮大な仕込みが亀田祭りでぱぁになってしまった。ナカタの後は、「LEON」の元編集長、岸田さんが同職を退くニュースも話題になり、その後、実は懲戒処分だったことがウェブのニュースサイトにも載っていた。そのニュースを苦笑しながら読んだ関係者は多いと思うし、溜飲を下げた人もいるかも知れないな。業界の飲み会の話題にはうってつけだし。

岸田さんは典型的なトリックスター編集者だと思うから、本人は懲戒処分のニュースも業界の噂話も逆に喜んでいたのではないだろうか。凹むことはないと思うね。被告になる以外ならどんなニュースであっても話題に上って、メディアに名前が出ることがトリックスターの栄養だから。

続きを読む


ポストモダンマーケティング [本/雑誌/文筆家]

忙しい時に限って、面白い本に出会ってしまい、でも原稿の締め切りもあるし、結局睡眠時間を大幅に削ってしまう。もしくは入浴中に読む。こうして梅雨の睡眠不足週間が続いてるのだが、それでも面白い本を読む時間には代えられない。今、読んでいるのは「ポストモダンマーケティング」という本。普段なら素通りしてしまうビジネス書のマーケティングの棚に並んでいた。一応、マーケティングの専門書ということなんだろうけど、実際は偏屈マーケティング研究者のダジャレとブラックなビジネスギャグ満載のエッセイ集という感じ。軽妙だけど少々はしゃぎ過ぎ、真面目か冗談か分からない解説で、現代のマーケティングの周辺にある混乱や嘲笑の理由が浮き彫りにされる。ただし浮き彫りになるだけ。ホントにそれだけなんだけど、それを自覚することこそが大事なのだと思うわけだ。

なぜこんな本を手に取ったのかと言うと、著者のスティーブン(ステファン)・ブラウンの名前に目に止まったからだ。彼は、現在のマーケティングの王道を拓いた「ドクター顧客中心主義」コトラー博士を痛烈に批判する、アンチ顧客主義の急先鋒だ。

続きを読む


CASAブルータスの残念ドイツ特集 [本/雑誌/文筆家]



深夜の下北沢駅。 iPodの“シャッフルの神”がE.B.T.G.の「Hatfield1980」をセレクト。

昨夜、元NHKワシントン支局長の手嶋龍一さんが書いた最初の小説「ウルトラ・ダラー」を読んだ。わずか3時間。感想は……。前半は面白い。たぶん後半手前で手嶋氏が書きたかったことはすべて語り尽くしたのだろう。あとはスカスカのD級アクション小説になっていた。途中、自慢しているようなどうでも良いディテールが多くて、それが鼻について話に入り込めない。伏線になりえない無粋な小ネタはもう少々控えめにして欲しかった(小ネタのほうが大筋より重要な主述逆転のポストモダン小説と言えなくもない)。高村薫がこのネタで書いたらどうなっていたのだろう。もっと緊張感を孕んだ作品になっていたはずだ。ネタの良さだけで勝負すると技がお留守になってしまう。外務省の田中均元外務審議官がモデルと思われる登場人物が手厳しく描かれている。いずれにしても小説として最後まで読むには辛かった。「次はないだろう」と言いたいところだが、筆者は続編を執筆する気が満々と見た。手嶋氏はぼくが卒業した高校の同窓生だ。この小説には、北海道出身エリートにありがちな上昇志向の強さと、首都圏のメインカルチュアに10代後半に触れた、出遅れコンプレックスみたいなものが滲み出ていた気がする。それはぼく(エリートではないけど)のダメなところを映す鏡でもある。まあ、こんな小僧と比較されるような筆者ではないけどね。そんなわけで少なからず近親憎悪になっているのだと思う。それゆえ読んでいて気恥ずかしい。

「CASAブルータス」ドイツ特集。いったいどうしちゃったんだろう。まるで「別冊太陽」を見ているような錯覚が……。つまり、どの記事も過去に見たことがあるような気がして、雑誌としてのフレッシュさがまったく感じられなかった。

続きを読む


次に読む本 [本/雑誌/文筆家]

もうガマンできなくて「ダンディ2」のDVDを買ってしまった。まだ届かないけど……。
http://blog.so-net.ne.jp/hashiba-in-stuttgart/2006-05-06

雑誌「Luca」のエディターとして最高に楽しい特集をいくつも手掛けた、フリーランス編集者&文筆家の小野藤子さんが、「おすそわけおふくわけ」という料理の本を上梓しました。小野さんがつくるちりめん山椒はギザウマです。

おすそわけおふくわけ

おすそわけおふくわけ

  • 作者: 小野 藤子
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


「『悪所』の民俗誌」と並行して読んでいる永江朗さんの「インタビュー術!」が面白い。ブックガイドとしても使える。この本の中で内田也哉子さんの「会見記」の中のUAとの対話が少しだけ抜粋されている。それを読んで、次は「会見記」を買わなければと思った。

続きを読む


雑誌編集者 [本/雑誌/文筆家]

今時になってやっとiPodを買ったぞ。nanoの2GB。色はブラック。さっそく音楽をダウンロードしたのだが、iTuneのデータが溢れてしまい、いきなり200曲くらい適当に間引きされてしまった。それでもう一回、iPod選択項目用のフォルダをつくり直して、2Gに収まるように曲数を調整したんだけど最後の数曲というところにきてからどうしても削れなくなって、どうでもいいところで時間を費やしてしまう。その途中で気づいたこと。アニメ「ルパン三世」のエンディング曲「ラブ・スコール」を歌っているサンドラ・ホーンって、サンディ&ザ・サンセッツのサンディだったんだね。

   

続きを読む


「東京ゴミ袋」と「写真時代」の日々 [本/雑誌/文筆家]

昨日、打ち合わせに行くために家を出て、地下鉄駅に着いたところで読みかけの本を持ってくるのを忘れたことに気づいた。最近、ノートPCとロケハン用のデジカムを持ち歩いているので鞄が超重い。これに500ページ以上ある単行本「蕁麻の家 三部作」を入れて歩くなんて苦行か罰ゲームだ。けど、それでも読みかけの本はいつも手元に置いておきたい。家に戻る時間はなく、とりあえず当面読むものが欲しくて、駅に近い文教堂書店に駆け込んだ。文庫本コーナーであることを思い出した。そうだ「あの本」が昨年秋に文庫本になっているはずだ。親本は文藝春秋社から出版されていたので、まず文春文庫を探す。でもそこにはなくて、隣のちくま文庫の中に「東京ゴミ袋」はあった。著者は瀬戸山玄さん。雑誌の連載や写真撮影、その他いろいろなところでお世話になった方で、写真家でもあり文筆家でもある。最近はビデオの撮影も手掛けていて、文庫本のジャケットの折り返しにある著者略歴の肩書きはドキュメンタリストになっていた。

「東京ゴミ袋」の単行本が文藝春秋社から出版されてすぐ、ぼくは書店でこの本を買った。ソフトカバーの真っ黒な装幀で小口にも黒い墨が塗られていた。当時、ゴミ袋は現在使われている半透明とは違い真っ黒だったからだろう。村崎百郎のルーツのような感じだ。さらに遡れば、ぼくは雑誌「写真時代」の連載「東京ゴミ大図鑑」もずっと読んでいた。そこでの筆名は耳村万寿。数年前、廣木隆一の監督作品で中村麻美が主演した「東京ゴミ女」という映画があったけど、その作品のインスピレーションの源もこの「東京ゴミ袋」だった。「東京ゴミ袋」は出版してすぐに映画化の話が廣木氏よりあったそうだが、その時は実現せず、10年以上の熟成期間を経て「東京ゴミ女」というフィルムに“リサイクル”されたわけだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | 次の10件 本/雑誌/文筆家 ブログトップ