So-net無料ブログ作成

筑紫哲也さん [その他]

筑紫哲也さんが亡くなったんですね。合掌。

わが家にはテレビがなくて、テレビ番組は出張先のホテルで見る程度。テレビのニュースもかれこれ5年以上ちゃんと見ていないと思うので、筑紫さんがキャスターだったニュース23もほとんど記憶に残っていない。筑紫さんは、言葉尻をとらえて批判されたり、ネットでは反日プロパガンダとか偏向報道と批判も多いけど、個人的には著しく偏向していたとも思わなかった。ニュースも歴史も誰かに語られた時点でバイアスがかかるものだと思うし、たぶん署名記事のコラムを読むようなもので、すべてのメディアの温度が常に一定というのも気持が悪い。それでもAmazonの筑紫哲也さんの批判本のレビューを読むと、蛇蝎のごとく嫌う人々がいることも分かる。そんな角度から見ると、ぼくも筑紫の偏向報道と妄言に洗脳された反日脳の自虐非国民に見えるんだろうか。対立意見の陣営からは恫喝や脅迫もあったと思う。スタジオを離れ、現場に足を運び、そこで実感したことをぼくたちに伝えようとする姿勢は、さすがジャーナリスト出身だと頼もしく思った。
ただそんなことも過去の記憶だったりするわけだ。

続きを読む


Kitten [その他]

P1010397.jpg

夏の少し前から近所で、相次いで迷いネコを探すチラシが電信柱に貼られていた。最初は“にゃんたろう”。にゃんたろうのチラシは間もなくはがされていた。無事飼い主の元に帰ることはできたのかな。その次は“ハナコ”という名前のネコ。行方不明になったのは7月5日。飼い主は毎晩のように名前を呼びながら熱心に探している。途中、ネコを探す専門家も参加していた。迷いネコ捜査員の方は今も時々、スクーターに乗って情報探しに現れる。近所の住人はネコに優しいし、ハナコの行方を気にかけている方も多いと思う。 無事に帰宅しますように。

ハナコの飼い主のお姉さんが、深夜にハナコを探している途中、路上で“カラアゲ”大のかたまりをネコが心配そうに見つめているのを見かけて、近寄ってみると、まだ臍の緒が残る生後間もないネコの赤ちゃんだった。育児放棄だろうか。ハナコの飼い主の方はその子を連れ帰り、母親代わりに育てている。赤ちゃんなので3時間に1回、ミルクをあげなければならない。とても大変そうだ。でもちゃんと育ててくれる人に見つけてもらって良かった。いやホントに良かったね。その後すくすくと育ち、今はこんな感じですと、仕事場に連れてきてくれた。やっと目が開いたそうだ。まだまだ小さい。親ネコがいればまだ四六時中付きっきりの大きさだと思う。でもたくましく育っている。ホントにちっちゃいので、今は靴の箱がお家。かわいい。ハナコが帰宅したら養子入りだ。子猫は英語でもドイツ語でもイタリア語でもKitten(たぶん)。

谷口ジローの「犬を飼う」の中にネコを育てるエピソードも収められていて、動物感動ストーリーではなく、動物との日常を丁寧に描いているだけなのに、なぜか爆発的な感動がある。

写真を見る


Ecdysis Companion [その他]

P1010392.jpg

凶暴な西日。風通しが良いのでそんなに暑くはない。集合住宅の中に設けられた中庭のような路地の冷気と、目の前の公園の冷気が仕事場を通り抜ける。緑の効果はスゴいな。ただし夜になると凪の時間がしばらく続き、その頃にはエアコンがないと、椅子に座ったままでも汗が止まらない。

P1010391.jpg

昨夜、脱皮したのはアブラゼミだった。植木の下に空蝉が二体転がっている。連れで脱皮した蝉がもう一匹いた。脱皮仲間。なんだか羨ましいな。

P1010380.jpg

子猫は遠慮がないので部屋中で遊び回る。無駄に走るし無駄に跳ねる。この一匹だけが、どこでどうやって生き延びたのだろう。兄弟とは死に別れたのだろうか。近所のノラネコはほとんど避妊手術を終えているので、親がどのネコなのかも分からない。ハニーポップで遊ばれるのは少々困るので、座面にバズオフスプレーを吹きかけた。ミントと柑橘がまざったスーッとする匂い。虫が嫌がる匂いとネコが嫌いな匂いが同じなのはなんだか不思議だ。ドボルザークの「家路」のチャイムが中野区に17時を伝えると、競い合うように公園の木で一斉に蝉が鳴き始めた。

少しだけ続きます


赤塚不二夫さん [その他]

赤塚不二夫さんが亡くなったそうだ。ご冥福をお祈り申し上げます。

ぼくは小学3年生の時、小児ぜんそくの治療のために1年間、札幌の大きな病院に入院していた。赤塚不二夫さんはこの頃、ぼくらの病棟に慰問に来てくれたことがあり、病院に付属する学校の講堂に入院中の小学生を集めてマンガの話をしてくれた。ニコニコ笑いながら大きな紙にいろいろな絵をどんどん描き、絵は病気が重い子どもにプレゼントされたはずだ。目の前でおそ松くんやイヤミやニャロメの絵が描かれていく。ノートの片隅に描くニャロメではなくて、ホンモノのニャロメだ。ぼくたちは大喜びだった。質問コーナーで手を挙げて何か尋ねたのだけど、うかつにもすごく興奮していて何を聞いたのかはまったく憶えていない。享年72歳ということは、赤塚さんは当時は30代の半ば。その年齢で、多忙な仕事(本当に忙しかったと思う)の合間を縫ってボランティアで小児病棟を巡っていたのだ。当時の30代は大人だったのだなと思う。

長女の赤塚りえ子さんは現代美術作家で、代官山のギャラリーで作品を見たことがある。展示作品は巨大なカレイドスコープだった。中にはいろいろな日用品やガラクタが入っている。それをぐるぐる回して覗く作品。スゴく面白かった。今はフジオプロの経営者らしい。

西新宿5丁目の駅の近くにある台湾料理店「山珍居」は、日本SF作家クラブ発祥の地でもあるのだが、漫画家の来店も多かったようだ。店内にはいろんな巨匠作家の色紙が飾られている。もちろん赤塚不二夫さんの色紙もある。スタジオゼロもこの店の近所だった。この前、ランチタイムに焼きビーフンを食べに行った時、店内に「赤塚不二夫記念館」のチラシが貼られていた。青梅市にオープンしたらしい。青梅市は昭和の町並みを保存しているのではなかったかな。その一角にあるのだろうか。だとしたら行ってみたい。

P1010384.jpg

昨日から子猫が遊びに来るようになった。例の茶トラのネコとは直接の親戚関係ではない。けど似てる。耳の形はまったく違うけど。

不完全変態 [その他]

P1010367.jpg

近所のネコがゴハンのお礼に蝉の幼虫を捕まえて、入り口に置いていってくれた。まだ生きているので生け垣の木の枝に載せると、どんどん上にのぼっていく。上りつめたらそこで動きがピタリと止まった。何年間も土の中で過ごして、やっと地上に出てきたのだ。何年間も土の中で孤独だろうと言う人もいるが、一人で生まれて一人で死んでくのは人間も同じことだ。


P1010361.jpg


子どもの頃に読んだポプラ社刊の「ファーブル昆虫記」には、ファーブルの家族が夏の朝に蝉の幼虫を捕まえに森に出かけて、それをフライにして食べる話が載っていた。エビのような味でおいしいと書かれていたのが印象に残っている。ドイツにいた頃は蝉の鳴き声を聞いたことはなかった。黒い森に蝉はいなかったのだ。黒い森にはいなくても南仏に行くと蝉はいる。土に眠る昆虫は氷河期で死に絶えたのではないだろうか。モンスーン気候の日本はヨーロッパに比べると圧倒的に昆虫が多い。農薬を使わない有機農法はドイツやスイスが有名だけど、虫だらけの日本とは苦心のほどが違うのではないかと思う。

「ファーブル昆虫記」を翻訳していた古川晴男先生とはどんな人だったのだろう。ぼくは古川先生のような昆虫博士にあこがれていた。「シートン動物記」は椋鳩十監修を読んだ。「ファーブル昆虫記」と「シートン動物記」は、小学生の頃に、本当に隅から隅まで読み尽くすくらい熟読した本だった。ただしファーブルの記述にはフィクションが多いらしい。「ファーブル昆虫記」を最初に翻訳したのはアナーキストの大杉栄だ。そういえば渋谷にある志賀昆虫普及社の創始者志賀卯助さんの自伝は面白かった。

続きを読む


缶詰の夢 [その他]

テーブルの上が散らかっているのは、たいていこの方が遊びに来ている時です。

P1010357.jpg

かなりのビビリ性で知らない人には近寄らないけど、ここではそんなことが信じられない緊張感のなさ。仕事場の扉を開けるとふらりと現れて、ゴハンを食べて、寝て、ぼくが帰宅する時には見送ってくれて、その後はどこで寝ているのか分からない。雨風はしのげているのだろうか。以前は吐いてしまうまで食べ過ぎる、飢餓を恐れる悲しいノラネコだったのですが、ずいぶんと小食になった。好き嫌いなくどんなキャットフードでも食べるのは楽でいい。最近はゴハンよりも遊んでもらうほうが好きみたいだ。今年で3歳。博愛主義者。

オスなのですぐに旅に出てしまう。知らない間に近所で見かけなくなり、先日、ほぼ1年ぶりに道ばたで再会を喜び合って、それからは毎日仕事場に立ち寄ってくれるようになった。このネコがここにべったりはり付くようになって、遠慮なのか嫉妬なのか、他のノラネコの訪問の回数がかなり減った。テーブルの上が好きみたいだ。ふかふかした場所よりも机の上が好きだなんて、仕事に生きる男みたいではないか。

左耳に切り込みがあるのは去勢手術を終えている証拠だ。人の都合で申し訳ないのだが、ノラネコが増えると困る人もいるので、手術してもらった。あとは親ネコから与えられた命をまっとうするだけ(親ネコもよく来る)。せめて食べ物には困ることがないようにしたい。多少甘やかしすぎかも知れないけど。中野区議会では飼い主のいないネコの去勢手術の助成を審議中だ。

ネコアレルギーなので、同居はかなりつらい。

P1010353.jpg

ぐーぐー

P1010355.jpg

ネコは丸くなって眠るものと思っていたが、伸び伸びと寝ている。

P1010359.jpg

そして散歩へ。ではまた〜

1/43 [その他]

10年以上前、アルゼンチンのブエノスアイレスに行った時、街の小さなミニチュアカー専門店に超レアなミニカーがどっさり売られていて、お店の人があきれるくらい買ったことがあった。バカな日本人と思われたかも知れない。ちなみにアルゼンチンはミニチュアカーの製造でも有名なのです。でもそんなレアなコレクションもフリマのたびに1台ずつ減っていき、気がつくと、手元に残ったミニチュアカーは3つともラリーカーだった。この3台はアルゼンチン製ではありません。

P1010352.jpg

フェアレディZと比べてみるとアルピーヌルノーA110はホントに小振りだ。こんなに小さいクルマだったんですね。10年以上前、世田谷の砧農協前でホンモノを一度だけ見た。最後から一代前のトヨタセリカ(T200系)はA110のオマージュだったという話を聞いたことがある。本当だろうか。

ブエノスアイレスで買ったスチュードベーカー・アヴァンティのミニカーだけはまだ大事に残してある。レイモンド・ロウイーのデザインだ。でも引っ越しの途中で箱とエディションのカードがなくなったのでミニカーとしての価値はゼロに近いことになるな。コレクターの掟は厳しいみたいだ。ぼくには関係ないけど。


お知らせ


オフィスできた [その他]

P1010323.jpg

P1010318.jpg

黙ってしばらくオランダ行ったり、突然の出張が続いたり、いろんな方にご迷惑をおかけして本当に恐縮でした。

アパートの近所で前々から気になっていた路面の物件が空いたので、無謀にも4月早々に借りてしまい、やっと片付いたので仕事場にしました。25㎡程度の小さなオフィスです。それでも個人的にはすごい投資になってしまい、これを機にマジメに仕事をしようと思っています。今までもそれなりにマジメでしたが。場所はコンクリート打ち放しの集合住宅の1階で、今住んでいるアパートと同じ建築家が手掛けた物件です。以前は寿司屋だったそうです。普段は出かけることが多く、日中はあまりいないと思いますが、近所に来ることがあればご一報ください。中野坂上駅から10分、西新宿5丁目駅からも約10分です。神田川が近く、目の前にはノラネコが遊ぶ小さな公園があります。近々、オープン記念で宴会など開こうと思い、ビールだけは3ダースほど買い込みました。

続きを読む


強毒性新型インフルエンザ [その他]

先日の出張の帰りの新幹線で、国立感染症研究所の研究員、岡田晴恵さんが書いた小説「H5N1」を読む。

H5N1というのは高病原性鳥インフルエンザウイルスのこと。この本はフィクションで、鳥インフルエンザ日本上陸のシミュレーションストーリー。インフルエンザと言っても呼吸器に限定した感染の弱毒性ウイルスではなく、鳥インフルエンザは全身感染を引き起こす強毒性で、感染者は最短4日で脳炎や多臓器不全で亡くなる。致死率はエボラ出血熱と同等の60%。単純に比較はできないと思うけど、1918年に全世界で1億人(4000万人とも)、日本国内で45万人以上が死亡したグレートインフルエンザ“スペイン風邪”でさえ弱毒性ウイルスだった。で、昨日、世界保健機関は中国で1つの家族から2人の鳥インフルエンザ感染者が確認されたと発表した。これは高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスがヒトからヒトへ感染した可能性も考えられるらしい。ヒトへの感染の恐れは今年の夏頃から国連や世界銀行から発表されていたが、ついにその日が来てしまったのかな。北京オリンピックを目前に控え、ちょっとした問題になるような気もする。

厚生労働省がまとめた「新型インフルエンザ対策報告書」によると、世界的な大流行が起こった場合、日本国内の患者数は最悪の場合で2455万人、死者は16万7000人に及ぶとされている。

続きを読む


ひつまぶし [その他]

風邪を引かないように、帰宅したら必ず手洗いとイソジンでガラガラうがいをしている。睡眠時間は短めだけど、無理な夜更かしはしていない。野菜や果物を多めに摂り、肉はあまり食べていない。お酒はもともとあまり飲まないし、仕事中もコーヒーじゃなくて日本茶を飲むようにした。体調を崩すと年末進行の多忙な人たちに迷惑をかけてしまうから、それなりに健康には気をつけているつもりだったのに、朝起きたら風邪、じゃなくてぎっくり腰で動けなくなっていた。転がるように床におりて、机に掴まって立ち上がる。

でも今回はそんなに酷くないのでコルセットで腰を固定すると静かに歩くことはできた。それから3日後、腰の具合もかなり良くなって、岐阜まで出張に出かけた。新幹線に乗るため東京駅まで通勤ラッシュの中央線快速に乗る。これが腰には泣きそうなくらいキツかった。四ッ谷駅を過ぎる頃には本当に泣いていたかも知れないが、あまりの苦痛で記憶が定かではない。こういう時に痴漢と間違えられると、死にたい気分になるのだろうと思う。こんな電車で毎日通勤している人はたくさんいるわけで、何とかならいないものなんでしょうか。

新幹線の中で崎陽軒のシウマイ弁当を食べる。コレはウマかった。「孤独のグルメ」第6話のジェットシウマイを思い出す。

続きを読む