So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
本/雑誌/文筆家 ブログトップ
前の5件 | -

鶴見俊輔さんと「思想の科学」 [本/雑誌/文筆家]

もう先月のことになるけど、10月22日に「思想の科学」の公開シンポジウムを聴きに早稲田大学まで出かけた。橋爪大三郎さん、坪内祐三さん、上野千鶴子さんの講演を聴き、さらに、加藤典洋さん、黒川創さんらを交えてパネルディスカッションが行われた。いろいろと考えることはあったけど、坪内さんが、雑誌「思想の科学」が休刊と再刊を繰り返して、1946年から今日まで生き延びてこれたのは(現在は休刊中ですが)、雑誌「思想の科学」いつも少しだけ時代遅れだったからだと思う、と発言されたのが印象的だった。時代にぴったり合っているものは、時代の変化とともに生命力を失っていく。少し遅れた感じがいい。意図的にそれをやるのは難しいけど。上野千鶴子さんは今後、ウェブにも活動の軸足を置くようだが、炎上の様子がもう見えている。いろいろ苦労するのではないか。橋爪さんはインターネットはゴミの掃き溜めだと言う。でもゴミの山の中に、キラリと光る価値あるものが紛れ込んでいることも否めないと結んだ。加藤さんのお話はとても面白かったのだけど、何が面白かったのかを忘れてしまった。

正直言うと、こんなに面白いとは思わなかった。「思想の科学」は、イデオロギーの影響を受けた思想ではなく、戦後、日本人の思想が混乱する中、人間が社会生活を送り日常を暮らす、営みのエンジンとして思想を捉え、メディアとして広く門戸を開けて、さまざまな人々の発言を受け入れてきた。実にプラグマティックな雑誌だったわけだ。特集「彼女がほしい」という号もあった。高名な思想家も市井の運動家も、政治家も普通の会社員も、この雑誌に論文を投じ、それを読んだ編集委員の誰か一人でも価値があると判断されれば掲載されたそうだ。載せるな、という拒否権もない。この雑誌を足がかりに論壇や文壇にデビューした方々も多い。

続きを読む


生活思想を考えてみた [本/雑誌/文筆家]

    IMG_0202.jpg

大久保駅のガード下には丸太でできた電柱がまだ1本残っている。
このことを教えてくれたのは釜山出身の留学生の趙さんだった。北新宿に住んでいた頃、同じ日本語学校の就学生だった女性の紹介で知り合った。寮がぼくのアパートの近所だったので。とても穏やかな方で、東京で日本語を学んで、その後、愛知県立芸術大学の大学院に見事合格した。もともと韓国で建築を学んでいたのだ。もう15年くらい前の話。お元気だろうか。彼との出会いがぼくの初めての異文化交流だった。

週末に雑誌の仕事で小池一子さんの事務所におじゃました。小池さんのお話は真夏の畑に水を撒いたように、すーっと全身にしみ込んでいって、そのたびに鳥肌が立つようなぞくぞくする感覚が追いかけてくる。自然と背筋が伸びてきて、小池さんに教わる学生は幸せだと思った。途中、頭の中が熱くなってきて、普段はさぼっている脳が一生懸命働いている感じだ。一人旅をしている時のように、いろいろな記憶がどんどんつながっていく。例えば、今和次郎の考現学と生活学はどう結びつくのか。ぼくの中ではそれぞれが独立した考察だと勝手に思い込んでいたけど、それらが表裏一体であることに、どうして気づかなかったのだろう。小池さんの話を聞いている間に、知識の隙間のパーツがどんどん埋まっていく。そのパーツはまだ手に入れていなかったのではなくて、既に自分の中にあったのに、気がつかないまま過ごしていたのだ。編集ができていなかった。何かを学ぶ上でムダってないものだなと思う。

こういう時は概してシンクロニシティが起こるものだ。旅の途中で偶然、大切な人に出会うように、ミッシングリンクが予期せぬカタチでつながる経験は、多くの人が体験していると思う。そうだ、こんな夜は書店に行こう。渋谷で地下鉄を降りて、中野行きのバスに乗る前に、ふとそう思った。それでバス停の前にある東急プラザの紀伊国屋書店に向かった。昼食をとっていなかったので、その前に何か食べようと、最上階のレストランフロアでエレベーターを降りて、和食のお店で松花堂弁当を食べる。竹を切って拵えた飯碗の中味は松茸ご飯だった。刺身にハモの湯引きが添えられていたけど、せっかくの季節感が台なしだな。そんなことはどうでも良くて、とっとと会計を済ませて、5階の紀伊国屋書店を散策する。

続きを読む


勝新太郎 [本/雑誌/文筆家]

去年、ある会員誌に書いた書評です。

俳優勝新太郎。いや、やっぱりここでは勝新と呼ばせてもらおうかな。日本映画の巨星というか、ブラックホールというか、ともかくそんな希代の名優をカツシンと呼び捨てる不遜は承知の上で。もっとも、書き下ろし自叙伝「俺 勝新太郎 新装版」を紹介するなら、その呼び方のほうががしっくりくる。とりあえず内容を紹介してみよう。えーと……勝新はスゴい。スゴ過ぎる。説明不要。以上。これ以上は書くことはないな。

というわけにはいかないので、もう少し書いてみるけど、この本を「なんて退屈な本」と思う人っているんだろうか。いるわけないよな。勝新は幼少から芸事に親しみ、歌舞伎の科白を暗唱するような少年時代を送った。たぶん言葉が身体化していたのだろう。とにかく文章が超名調子で、こういうのを声に出して読みたい日本語って言うのだと思うよ。そんなリズムの良い文体にぐいぐい引き込まれ、ところどころに「兵隊やくざ」「悪名」「座頭市」などの名画のシーンがインサートされ、見事なカット割で勝新が見た情景が描かれていく。
最初のシーンは例のパンツ事件の逮捕の場面から。玄関で待つ玉緒の目が笑っている。
「お帰りやす。パパがこんな大物だってこと、初めて知りましたがな、今度の事件のおかげで。ほんまにたいしたもんですなぁ、パパは」。

ここでカットが変わり、シーンは昭和6年晩秋、勝新はまだ赤子だ。それから映画スター勝新に至るまで時代を追って描かれるわけだが、トイレにも立たず一気に読んで、気がつくと2時間強。長モノ映画の尺にぴったり合っている。勝新は活字で自分の映画を作ったのではないか。と思ってあとがき(あとがきじゃないよ、音書きですよ、書いてある)を読むと、「活字を映像にしたことはある。映像を活字にすることが出来るだろう。そう思って書き始めた」とあった。脇を固める俳優は、市川雷蔵、石原裕次郎、水原弘。先代の中村鴈治郎も登場する。日本映画好きならたまらないラインアップだ。演技論的な逸話もある。昭和の名監督や任侠の人々も描かれる。表現者としてのリベラルさにも共感できる。戦前の東京に息づいていた花柳街の文化と、当時の色恋沙汰も格好良すぎる。さらに、玉緒夫人があまりに可愛らしすぎる。ああ、もうすべてが面白すぎる。

あとがきには平成4年(1992年)10月と記されているから、還暦を迎える1カ月前に書き上げたことになる。そして勝新はその5年後に彼岸へと渡ってしまう。もっと本を書いてほしかった。もっと勝新の文章を読みたいと思った。吉田豪の特別寄稿はイマイチだった。

以下、Amazonのリンクのみ


ネコの細道/ムナーリ [本/雑誌/文筆家]

ぼくの仕事場は昔はお寿司屋さんだったらしい。西に面して路面に大きなガラスドアがあり、細長い部屋の後ろにはキチネットと裏口のスチールドアがある。この二つのドアを開けると、日陰と植栽が建物のコンクリートを冷やした、ひんやりした風が東から西へと通り抜けて気持ちが良い。風も通るけど、ネコも通る。5種類くらい通る。急ぎ足で通り過ぎるネコもいれば、しばらく滞在するネコもいる。去勢していないオスネコはすぐにスプレーをするので大変だけど、避妊手術をしたメスネコも、5歳くらいになるとスプレーするようになる。ストレスでしちゃうみたいだ。そんなわけでネコが来ると、拭き取り用のウエットティッシュと雑巾と消臭スプレーは、常に手元に置いておかないと面倒なことになる。

IMG_0197.jpg

IMG_0199.jpg

去年、数日だけ立ち寄って、また旅に出た長毛種のネコは、渡り鳥のように今年もやって来て、ぼくが仕事場に入ると一緒に部屋に入り、あとは日がな一日、テーブルの下や椅子の上でお昼寝している。たまに外に出かけることもあるけど、たぶんトイレだな。時々、気がついたように足下にやってきて、お愛想程度の挨拶をして、ゴロゴロと喉を鳴らし、また横になる。で、お腹が空くとネコ缶をひたすらねだる。スゴい食欲だ。たぶんノラネコじゃなくて捨てネコなんだろうな。他のどんなネコが来てもまったく気にする様子がない。むしろ「わが家にいらっしゃい」と目で挨拶している感じがする。家賃は払っていないけど家主なんだな。たぶん。

IMG_0191.jpg

クロネコもたまに遊びに来る。このネコもノラネコじゃなくて捨てネコのような気がする。とにかく異常なほどに人のそばにいたがるから。ただしあちこちにスプレーするのはホントにカンベンだ。肉球も黒くて、鍵しっぽのクロネコは福猫で、夏目漱石もクロネコは家に入れて飼っていたらしい。良いことがあるといいんですけどね。中野本町は平和だな。


続きを読む


ざっくばらん/本田宗一郎 [本/雑誌/文筆家]

ミラノで見た、欧州モデルのシビックの2ドア(追記:5ドアでした)。カッコ良かった。

IMG_0103.jpg

会員誌に書いた書評です。「ざっくばらん」はホントに面白い。お勧めです。

本田宗一郎は二人いる。ひとりは20世紀を生きた本当の本田宗一郎。もうひとりは伝説の中に生きている。私たちは後者の本田に、今も昭和の日本人の理想像を投影してきた。日本人はかくあるべき。経営者はこうありたい。私たちはその遠い道程の道標を、本田宗一郎の数々の魅力的なエピソードや名言に求めてきた。混迷する会議の席でも、「その時、本田宗一郎はこう言った」と田口トモロヲ風に切り出せば、重い車輪も再び動き出した。しかし、言葉は断片に過ぎなくて、会議のお茶のようにすぐに冷めるものだ。伝説には体温がないからだ。

伝説と実在。それは語られた本田宗一郎と、自ら語る本田宗一郎の違いだと思う。氏の自著と言えば、日本経済新聞連載の「私の履歴書」をまとめた「本田宗一郎 夢を力に」(日経ビジネス人文庫)を始め、数冊かが今でも書店で手に入る。しかしその多くは晩年に書かれたものだ。実は、本田技研が四輪者製造に乗り出そうとしていた60年代前半、本田宗一郎は毎年のように著書を上梓している。処女出版は60年に自動車ウィークリー社から発行された「ざっくばらん」というエッセイ集。これは59年春からスタートした「自動車ウィークリー」の連載をまとめたものだ。ASIMOはもちろん、 F1もない時代のホンダ。いや、F1の構想は既に始まっていたのかな。それはともかく、当時、二輪車メーカーのホンダが後に自動車をつくり、本田がアメリカで、日本人で初めて自動車殿堂に名を連ねることを予見した人はいただろか。連載開始時、本田は55歳だった。原書は古書市場で約10万円で取引されている。

この幻の著書が昨年末に再版された。伝説の複製ではなく肉声の復刻だ。おそらく文章は本人が書いたものだと思う。かなりの名文家だったわけだ。何より読みやすいし、言葉がすっと入ってくる。やはり自著は良いものだ。経営論とか技術論とか、内容に拘って読んだ多くの人はこう思うだろう。「本田宗一郎の言葉は時代を超えている」。確かに50年前に書かれた本とは思えない。でもそこに関心して、「昔の人なのに立派」などとオチがつくと、せっかくの本がまたも「伝説」になってしまう。実際、そんな読み方が恥ずかしくなるくらい、フツーに面白い本で、ビジネスマンやホンダファン以外でも十分に楽しめる。

大げさな話ではなく、もし本田宗一郎がいなかったら、日本の自動車産業はもちろん、製造業はずいぶんと遅れてていただろうと思う。本田は間違いなく日本のモノづくりの牽引車、いや牽引者だった。かつては粗悪な模造品と揶揄された日本製品が、今や世界で信頼されていることと、本田宗一郎の思想や行動は無関係ではない。複雑化する社会と山積する経済問題。その解決の答えは入り口にある。それを読み解け、と本の中の本田は言う。伝説が役立つのは酒場だけだ。


以下、Amazonのリンクだけ


前の5件 | - 本/雑誌/文筆家 ブログトップ